アイングループ新卒薬剤師採用

アイングループ

MENU

さんPERSON 04

ブロック長

2012年入社
松井 久仁彦
北里大学卒

自分が成長すれば、
店舗も成長する。
そして、会社も成長していく。

松井 久仁彦さん

ブロック長になると、
“やさしさ”の意味が
違ってくる。

薬剤師になろうと思ったのは、親戚に薬剤師が多かったからです。人を笑顔にする仕事が好きな家系なのかもしれないですね。そのため、会社選びの軸も”人を笑顔にできる会社かどうか“という感じだったように思います。その点、アインは面接でお話しさせていただいた部長や次長が素敵な方で、こんな人たちといっしょに働きたいと思えたんです。入社してからも、そのイメージは変わらず、他の先輩方もやさしくサポートしてくださいました。ブロック長になった今では、先輩方のように、やさしく後輩に接するようにしています。しかし、人をまとめる立場になると、この“やさしさ”というもの捉え方が変わりました。最初は、やさしくするのが思いやりだと思っていたのですが、それだけでは人は成長しないと気づいたんです。でもだからって厳しく接するのも違う気がする...。そこで私が行っているのが、常に“ポジティブにさせる”こと。後輩が失敗したら、しっかりと指摘する。その上で、改善につながるアドバイスをする。そうやって前向きにチャレンジできる空気をつくってあげることが大事だと考えています。

松井 久仁彦さん

ひとりの小さな成長が、
店舗の大きな
成長につながっている。

アインは、どんな可能性にも応えてくれる会社だと思います。私自身、最初はスーツを着た仕事がしたくて、本社勤務も可能なアインへ入社したんです。まだ薬剤師として働いていますが、今後はエリア長を目指し、人をマネジメントする立場にも挑戦していきたいと思っています。この挑戦する姿勢こそがアインの本質。自分で自分の限界を設定して「自分には無理そう」と挫けてばかりいるのではなく、まずは自分でやってみる。失敗しても責めてくる人なんていませんから大丈夫です。そうやって一人ひとりが挑戦することで成長していく。成長ってなんだかあやふやな言葉ですが、小さな成長でも店舗はちょっとずつ変わっていくんです。ブロック長として何店舗も見ていると実際にそれを感じますし、変わっていくさまを見ているのは本当に楽しいです。でもまずは自分が成長することが第一ですね。面接で会った部長や次長、そしてここまでフォローしてくださった先輩方のように、これからは自分が引っ張っていける存在になりたいと思っています。スタッフも患者さまも、もっともっと笑顔にできるように。

さん新人時代

松井 久仁彦さん

実は私、人には強く言えないタイプなんです。だから最初は、後輩にも気を遣ってばかりいました。でも本当に、その人の将来を考えるなら、時にはしっかりと伝えるべきだってことに気付いたんです。今では、相手のために本当に必要なことを考えられるようになりました。